このコラムでは日常の諸注意とチェロや弓をより深く理解して安心して安全に使用して頂くために色々書こうと思っていますが、弓の話になったのでもう少し弓の話を続けます。

理由は弓の事故がとても多いからです。
ですからまず弓の事について知って頂きたいのです。


ほとんどの弓はブラジルでしかとれない「フェルナンブコ」という木が材料となっています。
弓を作る時は、弓先から手元にかけて木の繊維が一直線に通るような方向で真っ直ぐに切り出します。《写真11》


    


しかし皆様がお持ちの弓は、弓形に反っていますよね。

材料を最初から弓形に切り出してしまうと繊維が切れてしまい弱い弓になり簡単に折れてしまいます。
ですから最初は真っ直ぐに作り、製作工程の最後の段階で熱で温めて弓形に反らせるのです。

そのために弓は宿命的に2つの重大な事を持っているのです。


Yoshihiro Yamazaki
2014.5.1
   

ゴーシュ弦楽器(チェロの話) 弦楽器の販売・修理。東京・恵比寿